2009年01月18日

秘湯 雪見の温泉 秘湯の風情 栃尾又温泉

2009年1月17日18日栃尾又温泉 012.jpg JR上越新幹線・越後湯沢で ローカル線に乗り換え 小出 下車。小出駅前からバスで終点 栃尾又温泉 下車。
 栃尾又温泉は、雪景色のなか ひっそりと3軒だけの宿があり、温泉センターを共同利用しているそうです。ぬるめのラジウム温泉なので、1時間以上ゆっくり浸かりました。上がるときは、沸かし湯で温まってから出ます。

2008年11月06日

角館 夏瀬温泉 都わすれ ロビー

2007年4月角館・夏瀬温泉都わすれ 028.jpg 夏瀬温泉の全室露天風呂付の宿 都わすれ のロビーの一角です。部屋数が少ないので、ロビーでくつろいでいても、他の宿泊客とほとんど会いませんでした。

角館 夏瀬温泉 都わすれ フロント

2007年4月角館・夏瀬温泉都わすれ 011.jpg 角館から夏瀬ダムのある山の中の一軒宿の温泉 「都わすれ」のフロントです。

秘湯 寝台列車北斗星で行く秘湯と訪ねる旅 露天風呂から昇る朝日を眺める丸駒温泉

港南秋、鎌倉、北斗星、丸駒温泉、ぺんぎん散歩 056.jpg 寝台列車北斗星の終点 札幌までは、宿の送迎があります。支笏湖畔の一軒宿 丸駒温泉。昔は、船でしか行けなかったそうです。水門が支笏湖と繋がっている天然露天風呂は、底から源泉が湧き出るので、空気に触れて温泉成分が薄れるまえの湯につかれます。展望露天風呂からも 支笏湖の水位とともに温泉の深さが変わる天然露天風呂からも、恵庭岳、風不死岳(フッポシダケ)の向こうに昇る朝日を待ちながら温泉に入れます。

秘湯 寝台列車北斗星で行く秘湯を訪ねる旅 北海道冬の大地

港南秋、鎌倉、北斗星、丸駒温泉、ぺんぎん散歩 035.jpg 函館で朝を迎えた寝台列車北斗星が北海道冬の大地を走ります。雪の車窓です。2007年12月撮影

2008年10月30日

角館 夏瀬温泉 都わすれ

2007年4月角館・夏瀬温泉都わすれ 026.jpg 夏瀬温泉 全室露天風呂付客室 都わすれ の部屋からの眺め

角館 おみやげ お味噌

2007年4月角館・夏瀬温泉都わすれ 034.jpg 宿泊した「都わすれ」で使っている お味噌の製造元を教えてもらった「安藤味噌製造元」です。建物も風情があり、中を見学できるようになっていました。
 定番のおみやげでは、角館の武家屋敷通りに 稲庭うどん も売っています。

角館 夏瀬温泉 全室露天風呂付客室の都わすれロビー

2007年4月角館・夏瀬温泉都わすれ 006.jpg 角館から夏瀬ダムのある山奥のはいったところにある1件宿。わたしたちが泊まったのは、和室ですが、洋室もあり、たしか全8室くらいしかなく、広大な敷地というか山ですが、平屋建てで、ロビーやレストランなど全体におしゃれな造りで、レストランもさりげなくテーブルごとの独立性に配慮していて、お料理もとてもおいしかったです。羽毛のロングちゃんちゃんこが温かでした。

2008年10月23日

秘湯 紅葉と月の露天風呂 ふけの湯

href="http://agenda2008.up.seesaa.net/image/2008C7AF10B7EEA3B1A3B2C6FCA4D5A4B1A4CEC5F220119.jpg" target="_blank">2008年10月12日ふけの湯 119.jpg 
 ふけの湯館内のお風呂は、大浴場内湯と展望露天風呂が男女別にあります。屋外の露天風呂とあわせると、露天風呂だけで、5つあることになります。
 女性用露天風呂は、大浴場内湯から露天風呂にそのまま行けます。夕方入浴したら、紅葉の尾根を目前に、さらに十三夜のしろい月が昇り、まさに絶景でした。
 夜は、露天風呂にランプがともります。
 写真を拡大するには、写真の上の長いアドレスをクリックしてください。地図貼り付けを試して、戻したら、画像をサムネイル機能が戻らなくなりました。
 2008年10月12日撮影

秘湯 秘湯を楽しむには?

2008年10月12日ふけの湯 104.jpg 秘湯を楽しむこつ(私見)

 1.移動時間に余裕をみておく。
 たいてい山奥にバスではいったりするので、新幹線への乗車時間等はぎりぎりにしないこと。バスは、時間通りに走れないと思っているほうがよいでしょう。1台しか通れない山道で、紅葉シーズン等は渋滞発生ということもありますし。
 昔ですが、四国 面河渓(おもごけい)に行ったときは、台風による土砂崩れで、路線バスが通行不能になったことがありました。

 2・不便を非日常体験と思い楽しむこと
 秘湯の宿は、不便さにおもしろ味があります。
 先日泊まった 秘湯の宿 ふけの湯 は、内湯にシャワー設備はありません。カランもお湯と水2つだけで、カランのお湯を丸太を刳り貫いた大きな半月筒に受け、そこから汲んで使うようになっていました。部屋も新館は、トイレと洗面台付ですが、本館は、共同トイレと廊下の明かりはランプでした。

 3・足元はしっかりと
 秘湯は、野趣にあふれていることろが魅力ですが、その分、露天風呂への道は、石や岩がごろごろしていたりしますので、短い距離でもウオーキングシューズくらいの靴で歩いたほうが無難です。転倒しては、旅の楽しさが半減してしまいますので。

 4・晴れでも雨支度、夏でも冬支度
 紅葉シーズンも、桜のシーズンも行楽にはほどよい気温ですが、秘湯のあるところは、標高がたかかったりして、急激に気温が下がったりします。フード付のウインドブレーカー、マフラーまたはスカーフ、手袋、帽子は、必携するほうが無難です。
 10月前半に八幡平に出かけたときは、展望台は、午後2時ごろで、気温6度でした。また、ツアーバスは、急な雪に備えて、すでにスノータイヤにはきかえずみとのことでした。

2008年10月13日

秘湯 秘湯を巡る紅葉街道を行く路線バス

IMGP1161.JPG 秘湯 ふけの湯をたずねた復路は、ふけの湯バス停から JR田沢湖駅まで、山を降りる秋北バス路線バスを利用しました。
 どちらも向いても紅葉の車窓で、雪の壁ならぬ紅葉の壁を降りてきました。バスは、八幡平頂上→ふけの湯→後生掛温泉→玉川温泉→新玉川温泉等々を通って田沢湖駅終点です。

秘湯 ふけの湯 

2008年10月12日ふけの湯 124.jpg 八幡平頂上から秋田県側におりたところにある一軒宿。「日本の秘湯を守る会」の提灯がフロント前にありました。
 豪雪で道路閉鎖になるため、11月4日くらいからは、閉めてしまうそうです。冬の間も、誰もいない閉鎖中の宿を守るため、2人、近くのスキー場まで、バスできて、そのあと数時間かけて、ふけの湯まで徒歩で、雪おろしに毎日通うそうです。秘湯の宿を守るスタッフの苦労がしのばれます。
ラベル:ふけの湯 秘湯

秘湯 紅葉と月の展望露天風呂 ふけの湯

2008年10月12日ふけの湯 119.jpg ふけの湯館内のお風呂は、大浴場内湯と展望露天風呂が男女別にあります。屋外の露天風呂とあわせると、露天風呂だけで、5つあることになります。
 女性用露天風呂は、大浴場内湯から露天風呂にそのまま行けます。夕方入浴したら、紅葉の尾根を目前に、さらに十三夜のしろい月が昇り、まさに絶景でした。
 夜は、露天風呂にランプがともります。

秘湯 紅葉の露天風呂 ふけの湯

2008年10月12日ふけの湯 106.jpg 八幡平頂上近くの一軒宿、ふけの湯 宿玄関前の坂を下りたところに 野趣あふれる露天風呂があります。地熱浴、混浴露天風呂、男性用女性用各露天風呂が、屋外にあります。
 女性用は、大きなごつごつした岩のふもとに露天風呂があり、湯煙の向こうに山々の紅葉が見え隠れします。

2008年10月11日

角館 全室露天風呂付の夏瀬温泉 都わすれ

2007年4月角館・夏瀬温泉都わすれ 009.jpg
 角館から山奥にはいったところにある夏瀬温泉の宿「都わすれ」は、全室露天風呂付です。大浴場と菅笠を常備した風情ある大露天風呂もおすすめです。部屋の露天風呂は、樹々のむこうに夏瀬ダムの水がきらめく開放感のある露天風呂でした。食事もおいしく、宿全体がおしゃれな雰囲気でした。角館駅まで、宿の送迎があります。

2008年09月30日

秘湯 二岐温泉 と南湖

2007年3月二岐温泉・南湖 009.jpg 新幹線新白河からバスで入りました。途中、トイレ休憩ととってくれるほど、山を越えて 二岐温泉につきました。渓流の中にあるのかと見間違うほどの露天風呂で風情がありました。ここも「日本秘湯を守る会」の提灯がかかってました。
 新幹線までの待ち時間を使って、日本最古の公園、南湖公園を散策しました。

秘湯 寝台列車 北斗星で行く 秘湯

港南秋、鎌倉、北斗星、丸駒温泉、ぺんぎん散歩 015.jpg 支笏湖畔 秘湯 丸駒温泉 には、寝台列車 北斗星で 行きました。
 帰りは、千歳空港から飛行機でした。

秘湯 秘湯と旭山動物園 

港南秋、鎌倉、北斗星、丸駒温泉、ぺんぎん散歩 061.jpg 冬の旭山動物園を訪ねたときは、最初は予定になく、札幌についてから決めました。札幌と旭川を列車で往復して、旭山動物園を見学してから、宿に向かいました。
 宿からの迎えのバスには間に合わなくなりましたが、4人だったので、札幌からタクシーで向かうことができてよかったです。運転士さんから聞き返されるくらい、冬のみぞれの降る夜に支笏湖に向かうお客はまれとのことでした。
 支笏湖畔の 丸駒温泉 は、手を伸ばせば、支笏湖の水に触れられるくらいの位置にも露天風呂があります。支笏湖の水位と同じにすることで、底から温泉が湧き出るのです。 
 「日本秘湯を守る会」の提灯がかかっていました。
 
ラベル:秘湯 旭山動物園
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。