2011年06月19日

れんげ荘 群ようこ ハルキ文庫

れんげ荘 201106131613000.jpg

 帯に「月10万円で暮らそう」とあるのに惹かれて買った。
 広告代理店でかなりの高級取りの主人公が、突然退職して、実家を出て、ボロアパートで貯金を取り崩しながら、月に10万円で暮らすという。
 引越しにあたり、大量の衣類や家具を処分する場面は、自分でも経験済みなので、身につまされた。
 「梅雨時は、かび」「夏は、蚊」「冬は、凍える寒さ」と快適とは程遠いアパートで、それでもそれなりに暮らす。悲嘆することもなく、凡々と淡々と、ときに笑顔で暮らす様子は、まんざらでもない。同じアパートの住人や大家さんとの近すぎないけれど、冷たくない関係も悪くない。無職の時間のたっぷりある状態での散歩は、眺める街並みが違って見える。
 たいした事件がおこるわけではないが、とても興味深く読めた。
posted by 旅旅 at 15:55| 本・映画・DVD等、独り言など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。