2010年10月17日

紅葉カナダツアー さよならカナダ また来ます!

アラスカ上空2010年9月カナダ紅葉ツアー 442.jpg

8日間のフレンチカナダ紅葉ツアーの帰路は、日本への最短コースとのことで、アラスカ上空を飛びました。
かなり以前、円ドル固定相場で1ドル360円のころですが、ロシア上空をフライトできなかったときに、ヨーロッパへの最短コースは、アラスカ上空を飛ぶコースで、給油のためアンカレッジを経由したことがありました。アンカレッジ空港では、免税品の大部分は、毛皮で、日本のデパートで、鍵をかけたガラスケースに展示していた商品が、床から無造作に山済みで、驚きました。ミンクの襟巻きを買いましたが、値段も日本で買う3分の1くらいでした。

ピエール エリオット トルドー国際空港にて2010年9月カナダ紅葉ツアー 438.jpg

ピエール エリオット トルドー国際空港にて モントリオール発成田行きの搭乗待ちのとき、
楽団が演奏して、待ち時間を癒してくれました。

地下街入口2010年9月カナダ紅葉ツアー 436.jpg

寒冷気候モントリオールは、厳しい冬にそなえ、地下街が発達しています。教会脇の地下鉄・地下街への入口の写真です。
冬は、外は雪〔マイナス40℃にも下がるそうです〕、室内は暖房が効いていて、ブーツから、室内履きに履き替えて、仕事をするそうです。自宅も地下鉄駅の上、オフィスも地下鉄駅の上、買い物は、地下街で、冬に屋外に出ないで済む暮らしを希望する人が多いようだとのことでした。
外国人労働者にも失業手当が支給され、安心して老後を暮らせる充実の福祉社会で、街は美しく、安全で、等々なのですが、半年冬に閉じ込められるのに耐え難く、カナダに永住できなかったと日本人ガイドさんが言ってました。
ラベル:カナダ アラスカ
posted by 旅旅 at 00:49| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。