2011年06月19日

れんげ荘 群ようこ ハルキ文庫

れんげ荘 201106131613000.jpg

 帯に「月10万円で暮らそう」とあるのに惹かれて買った。
 広告代理店でかなりの高級取りの主人公が、突然退職して、実家を出て、ボロアパートで貯金を取り崩しながら、月に10万円で暮らすという。
 引越しにあたり、大量の衣類や家具を処分する場面は、自分でも経験済みなので、身につまされた。
 「梅雨時は、かび」「夏は、蚊」「冬は、凍える寒さ」と快適とは程遠いアパートで、それでもそれなりに暮らす。悲嘆することもなく、凡々と淡々と、ときに笑顔で暮らす様子は、まんざらでもない。同じアパートの住人や大家さんとの近すぎないけれど、冷たくない関係も悪くない。無職の時間のたっぷりある状態での散歩は、眺める街並みが違って見える。
 たいした事件がおこるわけではないが、とても興味深く読めた。
posted by 旅旅 at 15:55| 本・映画・DVD等、独り言など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャドウ 道尾秀介 創元推理文庫

シャドウ 201106131614000.jpg

題名の「シャドウ」は、精神医学用語で、「自分におきていることを認めたくないため、他の人に写して 他人におきていることのように 思う」ことを言うようだ。自分の人生を他に投影するとともに、誰でも影の部分を持っていることの二重の意味が作品名にはあると思う。家族を守るラストに温かみが残っているから救われるが、やりきれない展開も結構あった。暗いストーリーが予想されたので、読み始めるのためらっていたが、読み出したら、止まらなかった。
posted by 旅旅 at 15:38| 本・映画・DVD等、独り言など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリンセス・トヨトミ 万城目学 文藝春秋

プリンセス・トヨトミ 201105292206000.jpg

映画でも公開されていますが、ドラマチックで、平和的という稀有な作品です。家族そろっての観賞に太鼓判です。庶民が主役、なんでもない市井の人々が受け継ぎ守ってきた夢のような話が現実に。いつもの日常から、ドラマチックな一夜を共有し、いつもの日常に戻っていく。
posted by 旅旅 at 15:21| 本・映画・DVD等、独り言など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

運河沿い 寛ぐ猫に 初夏の風

寛ぐ猫 201106121215001.jpg

寛ぐ猫 201106121215000.jpg

芝浦運河遊歩道にて 藤棚下のベンチにて 昼寝中の猫。
ラベル: 初夏
posted by 旅旅 at 19:02| 猫 鳥 ペンギンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

涼しげに 何れ菖蒲か杜若

皇居東御苑 躑躅 花菖蒲 杜若 201106071635000.jpg

皇居東御苑 花菖蒲 かきつばた 201106071635001.jpg

皇居東御苑 花菖蒲 かきつばた 躑躅 201106071633000.jpg

皇居東御苑 花菖蒲 かきつばた 201106071634001.jpg

花菖蒲、杜若の見頃を向かえました。東京都心では、皇居東御苑(一般開放、無料、月曜と金曜は閉園)、明治神宮、小石川後楽園などが有名かと思います。

おととい火曜日閉園時間間際でしたが、皇居東御苑の菖蒲園を観賞することができました。名残りのつつじの紅、花菖蒲と杜若の白や紫、樹々の緑、池の藍色とのコラボレーションは いつまでも眺めていたくなります。木立を渡る風の音、鳥の声、都心とは思えない静かさで、癒しのスポットです。

posted by 旅旅 at 23:15| お花見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。